読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TIME,FLIES,EVERYTHING GOES

日々のこと、DJのこと、音楽のこと。

手巻きタバコはいいぞっていう話


20歳のころからタバコをすっている。
別にネットだからってわけじゃなく、
本当に20歳の頃から周りに喫煙者が増えて、
自然と吸うようになった。

で、近年のタバコ値上げは気になるのですよ。
元々メビウスのオプション8mmを愛飲してたんだけど、
最初420円とかだったのが今430円。
これ来年あたり500円くらいになるんでないの、
とは思えど本数が減るわけでもないし、
ちと考えねば…という頃に手巻きタバコの存在を知る。

ぼくは割としょっちゅう秋葉原にいるんだけど、
末広町の方まで中央通りを歩いてくと
「逸品堂」っていうお店があって、
そこで手巻きタバコの体験をさせてくれるんですよ。
それで試してみたらなかなかおいしいじゃん、
ということでいろいろそろえて、
買ってみたらこれがなかなかいい。

ぼくの手巻きタバコ環境はこんな感じ。
f:id:chily55:20160324022500j:image
左上から時計回りに、
完成したタバコの缶、タバコの葉(シャグ)、
ローラー、巻紙、フィルター。

どう作るかっていうと、
f:id:chily55:20160324022617j:image
ローラーにフィルターいれて、
f:id:chily55:20160324022636j:image
シャグつめて、
f:id:chily55:20160324022652j:image
巻紙入れて端っこ舐めて、
f:id:chily55:20160324022716j:image
くるっと回してできあがり。

シャグ買ってフィルター買って、
ローラーとか缶買っても2500円あればだいたい揃う。

手巻きタバコのいいところを挙げると、

・フレーバーの選び方が無限大
一口にシャグと言っても、
いわゆる吸いごたえの重い軽いだけじゃなく
ラズベリーとかアップルとか、
色んなフレーバーがあってたのしい。
しかもそれを混ぜたりして好き嫌いが試せる。
ぼくが最近いいと思ったのは
ハーベストアップルレモン(リンゴとレモン、香りは紅茶みたい)
を混ぜたのがすごくいい香りだった。

・タバコの味が変わる
今までだととにかくニコチン摂取のためのもので
味とかはあんまり気にしなかったんだけど、
手巻きにしてからシャグごとに味の違いがわかってたのしい。

・話のネタになる
出かけるときはたくさん作ってもっていくんだけど、
人のいるところで巻くと
「なにそれ?」って結構話のネタになる。
ただし見た目的にはやばいものを作ってるように見えることもあるので、
巻く場所には注意。

・経済的
ぼくは月に15箱から20箱タバコを吸っていた。
1箱430円だから、大体月に8400円くらい。
シャグは大体900円前後で、
量にもよるけど大体40〜50本巻ける。
仮に50本巻いたとして、20箱ぶん巻くのに大体7200円前後。
この時点で割とお得感があるし、
割と一本吸うのに時間かかるから
普通にタバコ吸うより明らかに本数が減る。
今1ヶ月試してみてかなり経済的だなって感じてる。

・巻くのたのしい
割とちまちました作業が好きなので、
タバコを巻くのはなんか楽しい。

こんな感じで、割と手軽にはじめられるので、
みなさんもぜひに。
最近はシガリロにも手を出し始めて、
いよいよ昨今の禁煙ブームに逆らっていきます。