TIME,FLIES,EVERYTHING GOES

日々のこと、DJのこと、音楽のこと。

26歳になった話

いろんなところで言ってたけど26歳になりました。

年々誕生日に対する喜びみたいなものは薄れている。
子供の頃非日常があったのは年越しと誕生日だったけど、
それが薄れていくのはぼくが大人になったからだろうか。

けれど、誕生日というものはやはり人から祝福してもらえる数少ない機会なわけで、
人におめでとうと言ってもらうことは素直にうれしい。
相反することを思っているのはぼくがひねくれているからなのかしらん。

ぼくの中で25歳というのがすごくエポックメーキングなことだった。
25年経つと「四半世紀」というくくりで、
自分の人生が「世紀」という大きなくくりにカウントされることが新鮮に思えたからだ。
さらにいうと25歳になってから人生における転機を迎えたことも大きい。

じゃあ26歳に期待するものは何かと言うと、
今が最低だからここから新しく生きていきたい、
と思っている。
密かに逆襲を誓っている。
その逆襲はこれまで自分が馴染めなかった社会や、
何もうまくできなかった過去の自分や、
ぼくが今言葉で表すことができない敵に対してのものだ。
たくさん負けてきたけどそろそろ勝ち始めたい。
折れてしまった反骨心がむくむくと頭をもたげる度に、
去年死のうとしたぼくから回復してきたんだなと実感する。
あの時死ななかったぼくが死ななくてよかったと思えるように、
また26歳を生き始めたいと心から思っている。