TIME,FLIES,EVERYTHING GOES

日々のこと、DJのこと、音楽のこと。

夢からさめてしまわぬように

先日、29歳になりました。28歳は自分の中で公私共に大きな変化が続いた年でして、大きなイベントにDJ出演させていただいたり、MCの活動も細々と進めてみたり、四月には転職も経験したりしたので、個人的には本当に激動の1年であったなあ、と思います。

20代も残すところあと1年というわけで、30代なんて遥か未来のことのように思っていましたが、あまり大きな実感があるでもなく、ぼくの本質はあまり変わらないような気がします。一方で家庭を持ったり仕事が順調だったりする友人を見て、ぼくも何かしなきゃいけないんじゃないか、という焦りのようなものを感じる時も増えました。今見返したら28歳になった時も同じようなブログを書いていて本当にぼくは変わってないんだなあ、などと思ったりもしますが、まあ変わるべきところで変わり、変わらずにいるべきところは大事にしていければいいのかなあ、なと思います。

今のぼくはDJと仕事が生活の中心なのでDJの話をすると、主催イベント「Emotion!ght」が無事に3年目を迎えられたことは、一番の出来事かなあと思います。それはお客さん、会場、ゲストの皆さん、そして贔屓目なしに素晴らしいクルーのみんなにただただ恵まれた結果です。ほぼほぼ名ばかりの主催ではありますが、改めてお礼を言いたいです。いつも本当にありがとう。

また、「音音酒飲-ねおんさいん-」「Anttena」への加入や、ロックパーティ「高円寺RDF」加入からもうすぐ1年という節目もあります。毛色が違うパーティではありますが、好きなことを好きなだけ、という現場があるのは本当にありがたいものです。どちらも新規パーティでこれからますます盛り上げていきたいとおもっていますので、平日飲みたいひとは音音酒飲、土曜にオタクをこじらせたい人はあんてな、キッズは高円寺RDFと、それぞれ遊びに来てくれたらうれしいです。

 

ぼく個人としては、28歳もあっちこっちにお呼ばれされてとにかく色々やらせてもらったなあ、というのが率直な感想です。昔ライブで見てたアイドルさんとご一緒させていただいたり、ageHaに初めて出演させていただいたり、日頃から売れてえ売れてえ言ってますが、正直DJ始めたころに思い描いてたより色んなことをさせていただいて、こちらも感謝しかないというところです。MCとか想定してなかったマジで。

 

DJは、お客さんや他の人の「見たい!」とか「聴きたい!」があって初めて成立するものだと思っています。そうして振り返ると28歳の間は「DJとして必要とされるために何をするか」ということを去年以上に考えたかもしれません。ぼくの聞いてほしい、見てほしいDJと、お客さんがぼくに期待するDJはなんなのか、ということを考えたり、その時々でプレイを変えてみたり、MCに挑戦してみたり、様々な角度からDJを見つめて、悩んで……結局明確な答えは出ないまままた1年経ってたわ!!!やべえ!!!という感じなのですが、1つだけ思ったのは、たぶんこれを考えることをやめてしまった瞬間が、DJとしてのぼくが死ぬときなのだろうということです。以前このブログで「来てくれた人の好きなものを肯定し続けたい」というようなことを書きました。それは言い換えると、好きという感情に誠実であることなのだと思っています。ではそのためになにをすべきなのか、という問に対しての答えが、ぼくが来てくれるお客さんや一緒にやってくれる仲間に喜んでもらう方法を考え続けることなのだろうな、というのがぼくの考えたことでした。器用なことのできる人間ではありませんが、それだけはこれからDJとして、あるいは人間として続けていきたいなあ、と思います。

 

とにかく、29歳ということでいよいよ来年は大台に乗っちまう!!!たすけてくれ!!!という気持ちもありますが、これまでの29年間を無駄にしないように頑張ります。29歳のチリもよろしくおねがいします。

Emotion!ghtの話

久しぶりに文章を書きます

 

かれこれ2年、渋谷のDimensionというクラブにて「Emotion!ght(ハッシュタグ: #エモのやつ)」というイベントを主催しています。DJを始めた頃からずっとロックやそれに類する曲をオールジャンルでやるイベントをやりたい、という気持ちがずっとありました。それを実現したのがこのイベントです。

 

よく聞かれるのが「エモのやつって、どんなパーティ?」「どんな曲がかかる?」ということです。そもそも「エモい」っていう言葉自体があまりに広範囲を指す言葉ですので、具体的にどんなパーティなの?と訊かれると言葉に窮するところがあるのも正直なところです。しかし、あえて言葉にすると「感情が揺さぶられる瞬間に感じたこと」がそのまま「エモい」ということなのではないか、というのがぼくの考えです。例えば好きな子と話した帰り道に聞いていた曲を聴くと、今でもなんだかドキドキしたり、辛かった時に部屋の隅っこで聞いていた曲に励まされたり、好きなアーティストが歌う曲に胸が高鳴ったり、聴いただけでなんだか涙が出てきてしまったり、知らない人同士だけれど、好きな曲が一緒だったことで仲良くなれたり。音楽にはジャンルを問わず、それに付随した感情や経験が人の数だけ存在しています。それらを来てくれた人々と共有して、なんだか嬉しい気持ちになったり、楽しくなりたい、ということが、Emotion!ghtの原点だとぼくは思っています。

 

そうしたジャンルレスな気持ちを体現するように、レギュラークルーの好きな楽曲ジャンルもとにかく様々です。ジャンルをひっくり返したように、色々な「エモい曲」がかかっています。レギュラーVJのスキアマキとゲストVJが投影する映像がその曲たちに色を付け(時々映像を見ながらエモくて涙がでそうになったりします)、感情の揺れ幅を何十倍にも増幅してくれます。

 

映像と音楽を楽しみながらぼんやりとお酒を飲んだり、好きな曲がかかってDJブース前で大合唱したり、この曲はヤバい!と隣にいた人と話したり、好きなように過ごして、「エモい」気持ちになって帰れる。Emotion!ghtは、そんなパーティです。

------------------------------------

 

とまあここまで長々と書きましたが、1番言いたいことは「次回のエモのやつは6/2(日)16時スタートだから遊びにきてね!!!!!」ってことです。結局宣伝だよ!!!悪いか!!! 

 

・Emotion!ght Vol.15

【日時】6/2(日)16:00〜22:00

【会場】渋谷Dimension(東京都渋谷区円山町5−3
萩原ビル地下1階)

【入場】1000円(1D含む)

【出演】ギー汰 Tsu'caxa HALCA Fuka MuraM'ura スキアマキ(VJ) チリ

【ゲストDJ】TATSU ピコシマメ

【詳細】http://twvt.me/emotionight15

 

今回はゲストにTATSUさん、ピコシマメさんという大先輩のお二人をお呼びしました。当然ながら最高のお二人ですので、率直に言ってめちゃくちゃ聴いて欲しい。もちろんレギュラークルーも最高ですし、1000円1D付きでお気軽に入場いただけますので、最初からくるもよし、他のイベントとハシゴするもよしな感じです。もし「一人で行くのは……」と思っても、DJしてる時以外はフロアでぼくがうろうろしてますのでお気軽に声かけていただければ!来てくれればぼくが絶対話しかけますので!皆様のご来場、お待ちしております!

Re:animation13 ありがとうございました

f:id:chily55:20190113220311j:image

「Re:animation13 in ageHa」出演させていただきました。まずはご来場の皆様、スタッフ・出演者の皆様、小雨や雪の降る寒い中、本当にありがとうございました!

新木場ageHa、ご存知の通り昼間はスタジオコーストというライブハウスですが、ぼくが世界で一番好きなバンドであるELLEGARDENの活動休止、そして再開を見届けた由緒あるライブハウスでして、形が違うとは言えそこでDJをさせていただく機会を得られたことは、間違いなく一生の思い出になると思います。

前回のリアニ12ではサイレントフロアのDJとMCの出演でしたが、今回は「私語禁止のクラブイベント」沈黙ダンスがプロデュースするフロアということで「無音→無言」という極端な出演となりました。出演が決まってからまあ色んな方に「大丈夫?」と心配されましたが…まあフロア外はともかく、VJのぽつねんさんから幾度となくマイクを渡されるという誘惑にも耐えて無事に沈黙できたので、そこが一番大変だったかもしれませんw

今回のWATERフロアは、アニソンDJの枠を超えて各種クラブシーンで活躍する方々が出演されていました。その中で特にアニクラを中心に活動し、ロックを得意とするDJのぼくは、異物感のある存在だったように思います。そのぼくがWATERフロアの最後でプレイすることの意味を随分考えましたが、最終的には「ぼくが持つロックDJとアニソンDJの引き出しを全部使って、みんなが踊れる沈黙ダンスのフィナーレを作る」というつもりでDJしました。来てくれた君の心に少しでも残っていたらいいなあ。セットリストはこちらです。

f:id:chily55:20190113234150p:image

とにかく、ぼくができることは全部やった、と言えるDJをしたと思える夜でした。ありがとうございました!また遊びましょう!

Be strong believe

2019年になりました。

今年も色々ありはしますが、なにとぞよろしくお願いします。

 

5月で29歳になるということで、いよいよ20代も最後になるわけですが、やってきたことややっていくことはこれまでと大して変わることもないのかなあ、と思っています。すなわち、どうありたいのか、どうあるべきなのか、ということを考えることなのかなあ、と。特に仕事について、やはり30代が近づくにつれて自分の立ち位置が見えるようになってきて、決して安穏としていていいものではないこともわかってきているので、今までより少し頑張りたいなあ、と思っています。

 

本題です。DJとしての2018年はーー自分で言うのもなんですがーー飛躍の年になったなあ、と感じました。Re:animation出演、念願だった秋葉原MOGRAでのDJ、これまでライブでしか拝見していなかったアイドルさんとの共演、そして主催イベント「Emotion!ght(#エモのやつ)」2周年など、とにかく多くの方に名前を知っていただき、また昨年から比べて出演本数も倍増するなど、非常に満足のいく一年だったなあ、という振り返りをしたところです(悔しい思いもたくさんしましたが)。

 

最近になってようやく自分の中でDJのあり方みたいなものが定まってきまして、「お客さんがぼくに求めていること」と「ぼくがお客さんに提示したいDJ」を両立させる、ということをすごく意識するようになりました。それはぼくがずっと自分に課してきた「来てくれたあなたの好きという気持ちを全面的に肯定する」というルールに対する一つの解であるように思います。

 

ずっと公言してきましたが、ぼくは「ぼくが1番ちやほやされたいから」という理由でDJを始めました。すごく語弊のある言い方ですが、それはぼくが自分の好きなものと、好きだという感情を否定され続けてきた、と感じてきたからで、ぼくがプラスの評価を受けることは、否定されてきたぼくの感情と、ぼくの好きなものたちを肯定することに繋がる、と考えたからです。これは今でもぼくのDJを続ける理由の一つで、おそらく今後も大きく変化することはないでしょう。

ですが、去年一年色々な舞台に立たせていただいて、それ以上に「来てくれたあなたが喜ぶ顔が見たい」と思うようになりました。だから、ぼくにできる最大限の誠意をもって、主催・ゲストに関わらず、またDJ以外の時間でも、来てくれたあなたが楽しんでくれるために、ぼくができる最大限のパフォーマンスをしよう、そう思ってやってきたつもりです。自分を喜ばせるために、まず目の前のあなたが喜ぶ方法についてトライ&エラーを繰り返し続ける、そういうやり方を選びました。それがぼくのDJやイベントのあり方なのだと気付かせてもらったのが、2018年という年でした。

 

今年も現時点で4月くらいまで、自分のイベントやゲストでの出演が続きます。また、今年からこれまで所属していた「Emotion!ght」「高円寺RDF」に加えて、新たに秋葉原ウラエンタスで不定期開催になっているアニソンクラブイベント「音音酒飲」へのレギュラー出演が決まりました。それぞれ特色の違うDJイベントですが、それぞれぼくのできる最大限をもって応えたいと思っていますので、ぜひ遊びに来ていただければと思います。

 

それではまたイベントでお会いしましょう。2019年もよろしくお願いします!

 

終わるまでは終わらないよ

さて、前回の日記からおよそ4ヶ月が経過しました。国内最大級のアニソン×ダンスミュージックイベント「Re:animation12」が、山梨県は上野原、桂川河川敷特設会場にて開催となりました。

f:id:chily55:20180711210459j:image

錚々たる面子に囲まれて、SILENT-EXブースにて2日目のDJトップバッター、そして2日間通してのMCをさせていただきました。総評としては「とても楽しかった!!!!」という感じなので、かいつまんで書かせていただきたいなあと。

 

◼️上野原

まず書きたいのは、上野原市の全面バックアップ体制が本当にすごかった。市長を始めとした市職員の方々、出店の方、ボランティアの学生さん……すさまじいサポートの数々でした。ぼくがサイレントブースに出演していた関係上、サイレントDJ受信機のレンタルを担当していた学生さんとお話しする機会が多くあったのですが、あれだけ暑い中嫌な顔一つせず対応してくれて感謝しきりでした。

 

◼️酷暑

週末2日間の暑さについて語らないわけにはいかないでしょう。救急搬送された方もいらっしゃると聞いていますし、何を隠そうぼく自身も「あっこれやばいな」と感じて、本部の建物に避難することが数回ありました。重大な危機にまで陥った方は少なかったとのことですが、夏の野外イベントは怖いなあ……と強く感じたのが正直なところです。実際今日になって完全に体調を崩しまして、家で休養しました。3連休でほんとによかった。

 

◼️MC

サイレントDJの特性上「外からは何をやっているのかわからない」という状況で、ぼくとしては「外からわからないものにどう興味を持ってもらうか」ということを1番のテーマとしていました。

MCとしてはお客さんに対して「どれだけ周りを気にせずに楽しんでもらえるか=どれだけ大きなリアクションを取ってもらい、かつDJを邪魔しないように盛り上げることができるか」ということを念頭に置いていました。その結果が「受信機を持っている人だけに限らず、すれ違った人に片っ端から話しかける」という今回のMCにつながっています。さらに付け加えるなら「今回初めてリアニに行く!」「初めてアニソン系のイベントに行く!」という人も少なからずいるとのことでしたので、そうした人たちに少しでも早く居心地の良さを感じてもらえればなあ、ということは、ずっと考えていたことです。

結果として「MC楽しかった!」という声もいただき、ぼくとしては本当に救われました……ありがとうございました。

 

◼️DJ

先述の通り「どうやったら興味を持ってもらえるか」を考えた結果、「MCしやすい曲」「わかりやすい曲(いわゆるアンセム)」「コールアンドレスポンスしやすい曲」が選曲の基準になったように思います。

f:id:chily55:20180716211143j:image

またそれ以前にぼくの意識にあったのは、自分なりに考えていた「Re:animationに原曲アニソンDJ/ロックDJとして呼ばれる意味」ということでした。

知っての通りリアニはダンスミュージックがイベントの根本にありますが、正直言ってぼくはその文化に明るい人間ではありません。それを考えたとき、ぼくは「リアニがフェスを目指す過程において、これまでロックフェスで育ってきたぼくが、フェス感のあるロックをかけることで、そこに意味が生まれるのではないか」と考えました。その結果、ぼくがアニソンDJをしていく中で大好きな曲や、これまで遊びに行ったリアニで、ぼくが感じたダンスミュージックとしての良さを持ったアニメソングをかける、という大方針が決まり、当日の空気感も踏まえて「四つ打ちやアイドル+ロック」という考えの下でのDJとなったと思います。

まだまだ技術的に秀でたDJとは言えませんが、最後にかけたFunny Bunnyの歌詞が、ぼくが1番今回言いたかったことであり、1番やりたかったことでした。それを楽しんでもらえたら、こんなに嬉しいことはありません。

 

◼️感謝

まずは、2日間にわたりお越しいただいた全てのお客さんに最大の感謝をお伝えしたいと思います。暑いのに、ヘッドホンやイヤホンで、直射日光もある中楽しんでくれて本当にありがとうございました。

それからぼくは、運営スタッフの皆さんにもお礼を言いたいと思います。オーガナイザーのちへさん、後藤王様、銀星さん、ぶーちゃんさん、keiyaさんを初めとする全体のスタッフの皆様、spacetimeさんを筆頭にしたステージ班の皆さん(特にSILENT-EXにおいて2日間お世話になったhirotchさんといっちーさん)、本当にありがとうございました。

……というか、お礼を言いたい人なんてキリがないです、まじで。本当に今回リアニに関わってくれた全ての人に、心からお礼を言いたいです。ありがとうございました。や

 

◼️これから

誤解を恐れずに言えば、去年リアニEXに出演させてもらうまで、ぼくはリアニのことがあまり好きではありませんでした。それはぼくがリアニに対して「ダンスミュージック×アニソンってどういうことなの?」というように、形容しがたい敷居の高さのようなものを勝手に感じていたからです。それが、縁あってリアニ関係のスタッフさん+演者さんと知り合って、皆さんのことが大好きになり、気がついたらリアニも大好きなイベントになっていました。

 

終了後、生意気にもぼくはちへさんに「次もまた出してください!今度は、もっと大きなステージでもやらせてください!」と話していました。それは各日付の最後、調子に乗って登ったRIVER SIDE STAGEから見た光景が、とてもきれいだったからです。

f:id:chily55:20180716213745j:image

最終日、後藤王様のステージの端から見たこの景色を、今度はこの景色を自分のステージで作りたい。そんな目標を与えてくれたリアニに対して、ぼくがどれだけ恩返しできるかはわかりませんが、まずはそれに相応しいDJ/MCになれるよう、明日からまた楽しいことに全力を尽くしたいなあ、と思っています。

 

2日間、本当にありがとうございました。また遊びましょう!!

 

28歳になりました。

散々色んなところで話してきた通り、5/21で28歳になりました。祝ってくれたみんなありがとう。

 

27歳は特にDJ関連がとても充実しました。おかげさまで色々なイベントに出演させていただいたり、DJ以外にMCに挑戦させていただいたり、とてもとても充実したものでした。

 

とても楽しかった一方で、とても辛いこともたくさんありました。悲しいことや、寂しい思いをすることもとても増えました。個人的に大きな決断をしたりすることもあり、「あぁ、大人になるってこういうことなのかもなあ」と思う場面がかなり増えた1年だったと思っていますーーーそれは人よりかなり遅い気付きではありましたが。

 

「大人になる」ーーー不思議な言葉です。20代も後半になって「もういい大人なんだから」と言われる機会が増えましたが、ぼくが主に活動している世界ではぼくはおそらくまだ若手と呼ばれる部類の人間ですし、どうにも自分が大人である、と認識する部分が少ないような気もします。周りの友人が結婚したり、家庭を持ったり、仕事で昇進したりする度に「どうやらぼくの世代は大人にならないといけないらしい」ということを知る、というくらいでしょうか。

 

しばらく過ごしていて「大人になる」ということは「変化を受け入れる」ということを指しているらしい、ということがわかってきました。関係性や立場、そうしたものの機微を鋭敏に感じ取ることは、大人であることの条件の1つであるように感じられます。もちろん家庭を持ったり、仕事の立場が変わったりすれば、そこに対して変化が生まれることは仕方ないことだと感じています。ですがぼくの知る「大人」の皆さんは、それを本質的な変化であるかのように振る舞っている人ばかりでした。友達だった人が、これまでの友達ではないかのように、あるいはこれまで好きだったことではないかのように振舞うことを求められているように感じてしまったのです。

 

けれどぼくが接してきた尊敬できる友人は、みんなそうではありませんでした。好きなものに対してちゃんと好きと言い、そこに対する誠実さは1つも変わらない人たちです。何かが変わったとしても、本質的な部分だけはブレない、こういう人たちになれたらいいなあ、ということを、今は思っています。

 

とりあえず、28歳になってからはDJで大きなイベントに出演させてもらうことが続きます。また、自分の主催イベント「Emotionight」もまだまだ続けます。まずは楽しく、そしてきてくれるあなた方を楽しくできることを念頭に、着々と進んでいきたいと思います。

Re:animation 12に出演します

3/5に発表された通り、国内最大級のアニソンDJイベント「Re:animation 12」に出演させていただくことになりました。

f:id:chily55:20180306000539j:image

 

ご覧いただくとわかる通り本当に錚々たる演者の中に自分の名前があるのは本当に不思議な感覚というか…正直、今でも実感がありません。

 

しかし、今回の告知をご覧になった人に「チリ」という名前を見せた時、大半の人は「…誰?」となるんではなかろうかと思ってます。なので、今回の出演にあたり、自分がどんなことを考えたのか、文章にしてみました。長くなりますがご一読いただければ。

 

--------------

まずお前は誰やねん、という話ですが、都内を中心に、アニソン/ボカロ/ロックでDJをしています。2013年12月に秋葉原あるけみすとでDJデビューして今年で5年目。最近では渋谷Dimensionで「エモい曲だけがかかる」をテーマにしたオールジャンルイベント「Emotion!ght(通称:エモのやつ)」や「サブカルっぽい曲がかかる」オールジャンルイベント「サブカルのやつ(仮)」を主催しています。

初めてリアニに遊びに行ったのは、2015年に中野開催された「Re:animation 8 -Rave In NAKANO-」でした。元々ぼくはバンドをやっていたこともあり、「野外フェス」というものは大好きな人間です。遊びに行って「いいなあ、楽しいなあ」と、呑気に揺れながら思っていました。

そこから年月が経ち、DJもポツポツ出演をさせていただきながら過ごしていた2017年の夏に、縁あって鎌倉腰越海岸で開催された「水着回」というイベントに出演させていただきました。その時リアニのオーガナイザーちへさんや、後藤王様とお会いしたことがきっかけで、リアニのスピンオフイベントである「Re:animation Ex-tream」にDJ/MCとして出演させていただき、今に至ります。

 

さて、ぼくはDJをするにあたり、自分に1つだけルールを課しています。それは「来てくれたお客さん、出演している人々の『好き』という感情を全力で肯定する」ということです。だから今まで、主催イベントや出演させていただいたイベントでは全力で楽しむ方法を考え、自分にできることをやってきたつもりです(失敗したこともあり、反省する点は尽きませんが)。先述のリアニEXや水着回に出演させていただいた時も、口にこそ出してはいませんが、その姿勢で臨んだつもりでいます。ただ、それに対して自分のやり方が間違っていないか、いつも不安でもあります。

 

率直に言って、ぼくは有名なDJではありません。ですが、リアニの運営に携わっているみなさんは、そんな駆け出しDJのぼくにも真摯に対応してくれました。各種イベントに来てくれたお客さんは、楽しかった!と声をかけてくれました(ここはもちろん計画している方々、他の出演者の方々の力が大きいですが)。それらの出会いが、自分のやり方に対して自信を持たせてくれ、もっとよいDJになろうという気持ちを与えてくれました。

 

だからぼくは、そういう皆さんに恩返しがしたい。

 

ぼくはDJが好きですし、正直もっと売れたいとも思っていますし、何より自分が楽しいからやっていることは言うまでもないのですが、それ以上に、楽しいことを作ろうとしている人々と、そこに加わろうとしている人々に、ぼくのできる全力をもって応えたいと思っています。もちろん自分の主催イベントや出演させていただくイベントに対しても常に思ってきたことですが、今回もそれを強く思っています。それを発信できる場所を与えてくれたリアニに、ぼくは全力で応えたい。そんなことを考えています。

 

色々と書きましたが、結局言いたいことは1つだけ。「ぜってえ楽しませるから、ぜってえ来てくれ!!!!!!!」ってことです。

 

今回もリアニはクラウドファンディングで支援を募っています。当日のイベントが楽しくなるリターンが様々です。もし余裕がありましたら、ご支援いただけると嬉しいです。個人的には推しノボリ超欲しい。詳細は以下のアドレスからどうぞ。

アニソン系野外音楽フェスティバル「リアニメーション12」開催プロジェクト | Re animation オフィシャルサイト

 

ということで長くなりましたが、もう一回。

おれ、リアニ出るから!!!!みんなきてくれ!!!!!!